2016年12月3日土曜日

フランクフルト・ブックフェア2016

昨年(フランクフルト・ブックフェア2015)に続き今年もフランクフルト・ブックフェアに行ってきたので、簡単にレポートをまとめておきたい(すでに1ヶ月以上たってるけど)。


フランクフルト・ブックフェア会場入口

フランクフルト・ブックフェアは世界最大のブックフェアなわけだが、昨年その規模を大きく縮小して驚かされた。今年はどうなることかと、ちょっとドキドキしながら会場へ向かったが、展示スペース自体は昨年と同規模で特に縮小などはなかった。ただ、来場者数が明らかに減っているように感じた。初日の午前中などは展示会場がガラガラで不安になるくらいだったし、最終日直前の土曜日の午後にはブースを畳んでしまう出展社が目立ち、人もまばらな感じだった。私自身は実際に顔を合わせて商談・情報共有を行う機会は貴重だと思うのだけど、インターネットで連絡が取れるのだから必要ないと考える人や会社が増えているのだろうなぁ。

では、今年もいくつか出版社のブースを紹介していこう。


Wiley

Wileyは老舗の大出版社の1つ。相変わらずブースも大きい。このままがんばってほしい!


O'Reilly

安定のO'Reilly。いつもどおりのブース。


Pearson

Pearsonも昨年同様のブース。老舗だがずいぶんこじんまりとしてしまって寂しい限り。


Google Play

出版社以外にネット企業も出展している。これは、Google Playのブース。


Packt

IT系でもっとも野心的な出版社だと私が感じているPackt。ブースは質素だがやることは派手だ。オンデマンド印刷と電子書籍だけに絞って在庫リスクを一掃し、刊行点数を増やせば増やすだけ売上・利益が増えるという戦略を着々と進めている。数年後には1年に数千タイトルを刊行するつもりだとか!


No Starch

私の大好きなNo Starchのブース。こちらも安定していつもどおり。No Starchの創業社長であるポロックと話をすると幸せな気分になる。彼もITや技術が大好きで、自分が信じる本を作り続けている。彼のほうでもKaheiはわかってくれていると思っているようで、版権代理店の方によると私とのミーティングは他のミーティングに比べてやたらとポロックの話が長くなるのだそうだ。今回も約束の時間をすぎてもポロックの話が終わらず、やむなくもう時間だからといってミーティングを終わらせた。帰りがけにはTシャツとチョコレートまでお土産にくれた。ありがとう、ポロック!


Discover 21

日本の出版社ディスカヴァー・トゥエンティワンがブースを出していた。ちょっとびっくり。この会社は取次を通さず書店と直取引をしていたり、電子書籍にも初期から積極的に取り組んだり、過去には小飼弾さんをアドバイザーにしてフランクフルト・ブックフェアに乗り込んだりと、すごくユニークな出版社だ。ちょっと気になる存在。


MIT Press

マサチューセッツ工科大学(MIT)付属の出版社のブース。残念ながらコンピュータサイエンスの担当者がフランクフルト・ブックフェアに来ないため、ミーティングできず。


Elsevier

学術系出版社の老舗。ブースも大きい。

Taylor & Francis

こちらも学術系の出版社。CRC Pressというレーベルでコンピュータサイエンスの書籍を出している。


Cambridge University Press

ケンブリッジ大学付属の出版社。やはり担当者がこないためミーティングできず。


McGraw-Hill

こちらも老舗の大出版社だが昨年はブースを設けず、今年は一応ブースは出していた。がんばってほしいなぁ。


中国のブース

中国の出版社はどこも大きなブースを出していて勢いを感じる。数も多い。


日本のブース

日本はいつもどおり、こじんまりと。


レイマー広場

今回のフランクフルトは毎日小雨が降っているような状態で、あまり観光らしいことはしなかったが、一応レイマー広場には行ってきた。ただ、あまりにも寒かったのでビールは飲まなかった(笑)。


大聖堂のパイプオルガン

レイマー広場からいつものように歩いて大聖堂に入ったところ、偶然パイプオルガンの演奏が行われていてびっくり。ミサの練習だったのか、演奏者一人でもくもくと演奏していく。2時間近くも生のパイプオルガンの演奏を聞けるなんて、夢のようだった。素晴らしかった。

来年もフランクフルト・ブックフェアにはぜひ参加したいと思っている。これ以上縮小しないことを切に願っている。

2016年4月17日日曜日

15世紀の印刷革命から考える21世紀の出版

先日TechLION vol.25に登壇して「15世紀の印刷革命から考える21世紀の出版」という大仰なタイトルで話をしてきたので、その時の動画・スライド・発表用のメモをまとめておく。

まずは、YouTubeにあがっているプレゼンの動画。私の発表は、29:30くらいから。

次がスライド。ドワンゴのサービスであるニコナレにアップしてある。

最後に当日参照していた発表用のメモ。

■前置き
まず、印刷革命に関わる歴史はかなり複雑で、単純なものではない。さらに、資料が乏しく、よくわからないことも多い。文献によって意見がわかれているものもある。このため、今回お話するのは、あくまでも鈴木嘉平の視点から見た歴史の話でしかない。鈴木嘉平の主観で、枝葉を切り落とし、話を単純なストーリーにしているので、興味を持った方は自分で調べて欲しい。
また、今回はヨーロッパの本の歴史だけを取り上げるので、中国・韓国・日本などの話は無視する。印刷・出版の発展の仕方が違うので、同時に語るのは無理。

■簡単な本の歴史
紀元前3000年頃からエジプトでパピルスが使われるようになる。パピルスは葦に似た植物で作られたもので、いわゆる紙とは違うもの。折りたたみにくく、巻物として用いた。これらは、ギリシア・ローマでも用いられた。
2世紀から4世紀にかけて、冊子の形の本が作られるようになる。冊子には羊皮紙が用いられた。羊皮紙は、子牛や羊の革をなめして伸ばしたもので、光沢があり丈夫だった。羊皮紙は、中世まで広く使われた。
7世紀から15世紀にかけて、写本が作られた。
15世紀半ばに活版印刷技術が開発され、活版印刷本が作られるようになる。初期活版印刷本をインキュナブラと呼ぶ。
活版印刷は、15世紀末までにヨーロッパ中に広まり、以後500年に渡って栄えた。

■パピルスの巻物
パピルスに書かれた死者の書(エジプト)
パピルスの巻物を読む女性

■写本
豪華な装丁
文字も絵もすべて手書き

■写本の作成
写字生が書見台の見本を見ながら、一文字ずつ羽ペンで羊皮紙に書き写していく。間違えたときは、左手に持ったナイフでインクをこそげ落とした。苦行とも言うべき作業で、1冊の本を写すのに数ヶ月から数年を要した。写字生の多くは、修道院の修道士であった。

■写本の特徴
すべてが手作りで、文字は写字生が写し、飾り文字や彩色画は専門の画家が1ページごとに描いた。革を用いた装丁も、専門の職人が彫り物や箔押しなどをして豪華に仕上げた。
完成した写本の多くは判型が大きく、重さが20Kgを越えるものもあった。
1冊の写本の制作には数ヶ月から数年を要し、値段は現代の金額で数千万円もした。
写本を注文し、所有できたのは、教会・王侯貴族・大学などで、権威の象徴でもあった。
写本はすべて1品ものだった。
写本は、書見台に載せて読むものだった。神父が教会で説教を行う際には、書見台に聖書を載せ、信徒に向かってこれを読んで聞かせた。盗難を防ぐために写本は普段は鍵のかかる図書室に保管され、書見台に載せて説教を行う場合には鎖で書見台につないでおくこともあった。

■活版印刷の発明
1450年ごろにドイツのマインツでヨハン・グーテンベルクが活版印刷技術を発明した。
1454年に四十二行聖書を完成させる。最終的に180部を刊行したとされる。活版印刷を使ったわりには部数が少ない。写本同様の飾り文字・彩色画・豪華な装丁などを手作りで施していたためと思われる。
四十二行聖書は最初の活版印刷本ではない。それ以前にもグーテンベルクは活版印刷本を作っていた。今回はこれらの本については取り上げない。

■グーテンベルクの印刷機
テーブルの上に載せられた活字にインクを塗り、紙を載せ、プレス機で圧力をかけて印刷する。印刷機の元になったのは、ワインを作る際に葡萄を絞るのに使われたプレス機と言われている。

■四十二行聖書
上下2巻からなり、総ページ数は1200ページを越える。重さは1冊が7.5Kgもある。美しい彩色画・飾り文字が入れられ、装丁も豪華なもの。

■インキュナブラ
グーテンベルクの四十二行聖書以降1500年までに制作された活版印刷本のことをインキュナブラと呼ぶ。インキュナブラとはラテン語でゆりかごを意味する。
この時期の活版印刷本は、写本と見分けがつかないくらい豪華な彩色・装丁が施されていた。

■写本と四十二行聖書の比較
左が写本、右が活版印刷による四十二行聖書。見分けがつかない。
この時期、活版印刷本は写本に憧れていると言われた。

■アルドゥス・マヌティウス
アルダスとも言われる。グーテンベルクから約50年後に、アルドゥスは活版印刷本を刷新する。商業印刷の父とも呼ばれる。
1453年にトルコがコンスタンティノープルを占領し、ギリシア人学者の多くがヴェネチアに亡命する。アルドゥスは元学者で、ヴェネチアに印刷所を設け、亡命ギリシア人と協力してアリストテレスをはじめギリシア語の本を数多く出版した。

■アルドゥスの発明
本当にアルドゥスが発明したのかわからないが、そう言われているものを列挙した。
文庫本・ペーパーバックの元祖になったと言われる小型本を作った。
初期の活版印刷の活字は写字生の書いた文字の書体をまねたものだったが、活版印刷に相応しい繊細なイタリック体を生み出した。イタリック体を用いた本は、ヨーロッパ中で好評を博した。
10万部を越えるベストセラーを生み出した。
句読点を使い始め、ピリオドとコンマの父とも呼ばれた。
ページ番号を使い始めた。これによって、目次・索引などの作成が可能になった。

■印刷革命
書物の量産化によって、本を調べるために放浪の学徒となる必要はなくなった。かつての学者が一生を旅に費やしてようやく読むことができた書物を自分の書斎で数ヶ月の間に読むことが可能となった。
印刷の正確な複写能力は、算術・幾何・音楽・天文学等に多くの変化をもたらした。写本は不正確だった。
印刷術は、版を重ねることで絶えず書物を改良改訂することを可能にした。写本は写字生によって写される際に誤記が起こる可能性が高く、写し取られるたびに内容が劣化していった。
活版印刷は、西欧文明史における知的生活様式に最も急進的な変化をもたらした。その影響は人間生活のあらゆる部門におよんだ。
活版印刷が発明されたことにより、科学・文化・芸術が急速に発展し、ルネッサンスが加速され、宗教改革が起こった。この現象を印刷革命と呼ぶ。

■今何が起きているか
話を現代に移す。20世紀から21世紀にかけて、私達が生きている時代に何が起こったのか。
コンピュータが発明され、コンピュータを用いたワードプロセッシングやハイパーテキストなどの構想が生まれた。
パーソナルコンピュータが発売され、個人の知的生産に変化が起こった。
グラフィックユーザインターフェースを備えたパソコンとDTPソフトウェアの登場により、出版が身近になり、同人誌などを手作りできるようになった。
マイクロソフトが提唱したマルチメディアは、CD-ROMに文章・画像・動画・音楽をデータとして収め、これらをハイパーリンクで繋いだもの。文章中の人の名前をクリックするとその人のプロフィールが表示されたり、曲の名前をクリックするとその曲が流れたりするというものだった。商業的には大失敗。アスキーをはじめ多くの出版社が大赤字をだした。
マルチメディアの商業的失敗がトラウマになって、後の電子書籍ブームの際には多くの出版社が参入に二の足を踏んだ。
インターネットが一般に開放され、Webが生まれ、ブログが登場して、紙の本以外の出版が可能になった。ただし、出版関係者の多くは、Webを出版とは認めなかった。
AmazonのKindleが日本でも購入可能になり、EPUBが登場して、電子書籍が普及し始めた。

■2016年の電子書籍
現在はデジタルインキュナブラの時代だと思われる。デジタルインキュナブラとは私の造語。今の電子書籍は揺籃期のもので、完成には程遠いもの。
初期活版印刷本が写本に憧れていたのと同様、今の電子書籍は紙の本に憧れている。
新しい技術が生まれても、人はすぐには新しいものを作り出せない。今存在しないものを考えだすのはとてもむずかしい。そのため、人は新しい技術を用いて古いものの模倣品を作り出す。今の電子書籍はその段階。
価値観の変革には時間が必要。

■21世紀の本とは?
紙の本の価値観を捨て、新しい価値観に基づく本(電子書籍)を作り出す必要がある。
活版印刷の技術を活かした本を作り出すためには、写本が持っていた豪華な装丁・美しい彩色画・飾り文字などを捨てる必要があった。王侯貴族や教会などの権威の象徴でもあった写本にとって、豪華な装丁や彩色画・飾り文字は必要不可欠のものだったが、活版印刷を用いて大量生産を可能にするためには、過剰な装飾であり、不要なものだった。
写本の模倣品からアルドゥス・マヌティウスが作った活版印刷本にたどり着くためには、本に対する価値観を変革する必要があった。
紙の本から電子書籍へ進むためには、やはり価値観の変革が必要不可欠。
他者に先んじて価値観を変革できた人間が、21世紀の本を生み出せる。
果たしてそれは誰なのか、21世紀の本とはどのようなものなのか、まだ誰にもわからない。
21世紀の本・出版に進むためには、紙の本から何かの価値を捨て、新技術によってもたらされる新しい価値を付加する必要がある。
変革を起こすための2つの流れが考えられる。1つは、Webに機能を追加する方向。テッド・ネルソンが構想したハイパーメディアに存在した著作権管理の仕組みとそれに連動した印税支払いシステムを何らかの形でWebに付加する。もう1つは現在の電子書籍(Kindle・EPUB)を進化・発展させる方向。紙の本の模倣をやめ、電子化・ネットワーク化による利便性を付加する。
あるいはこの2つの流れが合流して新しい本が生まれるかもしれない。

■Alan C. Kayの言葉
ようするに、未来を予測する暇があるなら新しい何かを作れということ。
30年間出版の世界で生きてきて、1年半前、突然出版社であるKADOKAWAをやめてIT企業であるドワンゴに転職した。IT企業で編集者がなにをするのか? おおいに戸惑ったし、今も違和感を覚えている。
現在は、エンジニア・プログラマに囲まれながら粛々と紙の本を作っている。
しかし、このまま終わったのではドワンゴに転職した意味が無い。編集者の自分だけでは無理でも、ドワンゴのエンジニアの力を借りれば、新しい本の形を作れるかもしれない。
いつどんなものを出せるのかわからないけれども、編集者としてのキャリアの最後の仕事として、なにか新しいものを作りたいと思っている。

■参考文献

2016年4月4日月曜日

仮面ライダー1号

映画「仮面ライダー1号」を観てきた。なんといっても、藤岡弘が本郷猛を演じるというのだから観ないわけにはいかない。
ストーリーとか、いろいろ意見のある人がいるのもわかるけど、

  • 本郷猛が臭い説教をして
  • 変身して
  • ライダーパンチして
  • ライダーキックして
  • ノーヘルでサイクロンを乗り回して
  • レッツゴー!!ライダーキックがかかったから
すべてよし!
というわけで堪能しました。特に、レッツゴー!!ライダーキックがかかるとは思ってもいなかったので、イントロが流れ始めたときには叫びそうになった。
やっぱり仮面ライダーは最初のシリーズがダントツでいいと思う。
で、今日、最近加入したamazonプライムを見ていたら、見放題のビデオに仮面ライダー1シーズンがあるじゃないか!
まずい。いろいろやらなきゃいけないことが山積みなのに、観てしまいそうだ(笑)。
そういえば、ゴーストとかいうのも出ていたけど、あれはじゃまなだけだったなぁ。ゴーストなんか出さなければ、もっとおもしろくなったと思うのだが、どうなんだろう。年寄りの偏見?

2015年11月3日火曜日

Star Wars英和辞典は読める辞書

先日書店で棚のチェックをした際に、ちょっと気になってスター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ・ナイト編 を買ってきた。
どちらもStar Warsに出てくるセリフを例文にした英和辞典だ。ジェダイ入門者編が中学英語、ジェダイ・ナイト編が高校英語になっている。英和辞典なので、当然のことながら英単語がアルファベット順に並んでいて、意味の解説があり、例文が紹介されている。しかし、単語の意味の解説は最小限で、例文については、それがStar Warsのどのエピソードの誰のセリフか、また必要に応じてどんなシチュエーションで発言されたものかが解説されている。辞典というよりは例文集というべき本。
たとえば、areの解説には、下記のように「Are you all right? LUKE V だいじょうぶかい?(湖の怪物に吐き出されたR2を気づかって)」のようにイラスト入りで記されている。

まぁ、Are you all right?なんて英文はどうでもいいつまらないものだし、通常の辞書なら気にもならないが、逆さになったR2-D2と駆け寄るルークのイラストを見て、映画のシーンを思い出すと、このつまらない英文がちゃんと生きたセリフとして聞こえてくる。これはいい!
さらにこの辞典には、CLASSIC PHRASE、FORCE PHRASEとして、映画の名言をそのシーンの写真といっしょに紹介してくれている。これがまたいい。

デス・スターに遭遇したときのルークのセリフ!

もちろん、この名言も!

読み始めると次々に映画のシーンが目に浮かんできて、楽しくてついつい読み進めてしまう。普通の辞典や例文集はだいたいつまらなくて、すぐに読むのがいやになってしまうのだが、この本は違う。Star Warsファンなら楽しみながら全部読めるはずだ。日本語で覚えていたセリフが、英語でなんと言っていたかわかるだけでもすごくおもしろい。C-3POがR2-D2によく言っている「おまえのせいだ!」というセリフが"This is all your fault!"だということも初めて知った。まぁ、こんな英文は覚えても使うことはないだろうけど。w
この辞典、本当は受験を控えた息子の勉強用に買ってきたのだけど(父の影響で大のStar Warsファン)、父親の私が読むのに夢中なので当分息子はお預けだ。w

2015年10月25日日曜日

フランクフルト・ブックフェア2015


フランクフルト・ブックフェア会場

フランクフルト・ブックフェアは、毎年10月にドイツのフランクフルト・メッセで開催される世界最大のブックフェアだ。世界中の出版社が一同に集い、版権売買をはじめ、さまざまな情報交換などを行っている。
昨年は例のドタバタ騒ぎ(嘉平、編集やめるってよ)の影響で参加できなかったが、今年はドワンゴから参加できたので簡単なレポートをまとめておきたい。

二年ぶりにフランクフルト・ブックフェアに参加してなにより驚いたのが、ブックフェアの規模が縮小していたこと。アスキーに入って以来20年以上フランクフルトにかよっているが、ブックフェアの規模が縮小したのは初めてだ。正直、これには衝撃を受けた。IT関連の老舗の出版社も軒並みブースを縮小しているし、中にはブースを持つことをやめてしまった出版社まである。
最近では、出版市場の縮小が続いているのは日本だけで海外では持ち直している、あるいは成長しているといった報道も見受けられるが、フランクフルト・ブックフェアの現状を見、そして海外出版社の版権担当者と話し合った限りでは、相当厳しい状況が続いていると思われる。日本はさらに厳しい状況にあるわけで、暗澹たる気持ちになった。
そのような中で気を吐いているのが、台湾を含む中国系出版社だ。二年前よりもさらにブースの規模を拡大しており、存在感が増している。日本のブースが年々存在感が薄れていくのと好対照だ。


こじんまりとした日本ブース

私がミーティングを持った出版社から、いくつかブースを紹介しておこう。


ホール全景

ホール全体はこんな感じで、各社のブースを訪れてはミーティングを繰り返すことになる。IT関連の出版社はホール4と6に集まっていたので、会期中はこの2つのホールを行ったり来たりしていた。


Elsevier

Elsevierは学術系の出版社で、コンピュータサイエンス、数学などの良書をだしている。版権担当者が中国人に変わり、さらに北京に版権部門を移動したと聞いてびっくり。なんでも中国の版権購入数はものすごい勢いで増加しているそうで、日本なんか話にならないらしい。今でこそ日本人がノーベル賞を取ったとかいって喜んでいられるけど、10年後にはひっくりかえっているんじゃないだろうか。


Wiley

IT関連出版社の老舗の1つであるWiley。ここはIT関連では、唯一大型のブースを出していた。


Pearson

こちらも老舗のPearson。実にこじんまりとしたブースで、びっくり。世界に冠たるメディア・コングロマリットのブースには見えない。IT関連としては、Addison-WesleyやPrentice-Hallなどを要する重要な出版社だけにちょっと気になる。


O'Reilly

O'Reillyはいつもと変わらず。


No Starch

No Starchは、サンフランシスコにあるIT専門の独立系出版社だ。十数年前に英語圏で大手出版社による中小IT系技術出版社の買収合戦があったのだが、No Starchはどこにも買収されることなく、独立を保った数少ない出版社の1つだ。フランクフルト・ブックフェアには、いつも社長のポロックが自らやってきて今後の刊行予定について説明してくれる。ポロックが「我々は他社が作るような本は作らない。No Starchは、他社が決して出さないユニークな本を作る」と言い切っているように、No Starchの本はユニークなものが多い。
常に優しい微笑みを絶やさず、穏やかに語るポロックだが、一本筋の通った気概ある出版人だ。これからの時代は、No Starchのような特長のある小出版社こそが輝くのではないかと思うので、がんばってほしい。


Packt Publishing

Packtは2004年にイギリスで創業したIT専門の新興出版社だ。創業者のDavid Macleanは、出版人というよりはベンチャー起業家というべき人物で、Packt以前にWroxという出版社を起業し、これをWileyに売却した後にPacktを創業している。
Packtは出版社としては特異で、書籍を印刷・製本して倉庫に在庫し、これを書店に流通させて販売するという一般的なビジネスを行っていない。Webサイトに書籍のカタログを掲載し、読者から注文が入るとオンデマンド印刷で注文された数だけ印刷・製本して、これを郵送するという直接販売のみのビジネスを行っている。現在は、オンデマンド印刷で制作する紙の本に加えて電子書籍の販売も行っているし、Amazonには本を卸すようになっているようだ。
また、マネージメント部門はイギリスにあるものの、編集・レイアウトなどを行う部門はインドに置いてコストダウンを図っているのも特徴的だ。通常の出版社にとって、編集部門を言語の違う海外に置くなどというのは考えられないことだ。
独自のビジネス展開によって、Packtは創業以来成長を続けている。注目すべき出版社の1つだと思う。


コスプレしているドイツの若者

5日間の開催日のうち、土曜日と日曜日は一般公開されるため、会場を訪れる人が一気に増える。また、多くの若者達が会場の中庭のようなところでコスプレを行っている。この賑やかさは例年どおりで、お祭りとしてはまだまだ人気があるようだ。


フランクフルトの観光スポット、レイマー広場

今年のフランクフルトは気温が低く(最高気温が4度とか)、5日間のうちほとんどが雨、雨がやんでいてもどんよりと曇っているというあいにくの天候だったので観光らしい観光もしなかった。出版ビジネスの将来を考えると不安も多いが、来年はもう少し明るい話題の多いブックフェアになることを祈って、レポートを終わりたい。

2015年7月20日月曜日

漫画の外道を突き進む世紀末シリーズ「北斗の拳 イチゴ味」を読んだ

一九九X年、世界は核の炎につつまれ、あらゆる生命体が絶滅したかにみえた。
だが意外とげんきだったし、現代の日本の若者に心配されるバイタリティに満ちあふれていた。
……
本屋の店頭で「北斗の拳」と書かれた漫画と懐かしい絵を見て、あれ? 北斗の拳が今頃何で出てるんだと手にとったのが運の尽き。なんだか雰囲気が違うなと、よく見るとタイトルに「イチゴ味」とか書いてある。驚くなかれ、北斗の拳のパロディ版だそうな。北斗の拳30周年記念の1つとして企画されたらしい。
その昔、BSD magazineのパロディ版に北斗の拳のパロディを掲載した身としては、読まないわけにはいかないだろう。ということで、4巻すべてを大人買い。
連休中に読んでいたのだが、けっこう笑える。なんといっても、絵がオリジナルにそっくりなのがいい。ケンシロウではなく聖帝サウザーが主人公になっているのも斬新。出てくるキャラが皆おバカで最高!
セリフだけちょっと抜き出すと、
ザコキャラ「おぉ聖帝様の姿が!!」
ラオウ「あの構えは…!!
サウザー「敵は全て下郎!!」
トキ「この局面で全力のダブルピース!!」
ラオウ「見事だ… 絶対奴とだけは戦いたくないものだな」
とか、
ジャギ「あ〜あ〜〜悪い事すんのもつかれたし虚しいし…あ〜〜 何やったってかなわねぇし」
ザコキャラ「ジャギ様… それは言っちゃダメですよ…」
ジャギ「でも胸に七つの傷つけちゃったしさぁ?」
ザコキャラ「シャツっス シャツ着れば大丈夫っス!!」
ジャギ「……変わりたいなぁ」
ザコキャラ「変わりましょうっ 変わりましょうよ ジャギ様!!!」
ジャギ「……変わりたいよぉ ぐすっ」
ザコキャラ「泣いたら負けですよ ジャギ様!!!」
とか。漫画を文字だけにするとちっともおもしろくないけど、北斗の拳ファンなら絶対笑えると思う。ぜひ読んで欲しい。
コミックの帯に「まさかの累計100万部突破!! 今秋TVアニメ化」と書かれているけど、ほんとにアニメにするのか? したら絶対見るけど。だいじょうぶなんだろうか?

2015年7月1日水曜日

The Art of Computer Programming Volume 1 Fundamental Algorithms 日本語版


2004年にアスキーから出した『The Art of Computer Programming Volume 1 Fundamental Algorithms Third Edition 日本語版』をようやく再刊できた。

この本は、アジソンウェスレイジャパンとの共同出版事業の一環として刊行したもので、上製本、本体価格9,800円と、アスキーの刊行物の中でもかなり高価なものだった。アスキーから出すことが決まった後、担当編集者がリストラにあって変わってしまったり、なんだかんだと苦労させられた本だ。刊行後に社長賞をもらったのは、いい思い出かな。

しかし、会社の収益が悪化し、このシリーズは採算が合わないと言われ、増刷ができない状態が長く続くことになる。海外でもアジソンウェスレイがピアソンに吸収合併され、アジソンウェスレイジャパンもピアソン・エデュケーションジャパンに変わった。そして2014年、ピアソン・エデュケーションが日本の書籍市場から撤退し、共同出版の契約も破棄されることが決定した。当時KADOKAWAのハイエンド書籍編集部編集長だった私は、KADOKAWAとして版権を取得し直し、シリーズを再刊することを提案したが、不採算を理由に却下され、このままThe Art of Computer Programmingは日本の書店から消え去ると思われた。

ところが世の中捨てものじゃない。捨てる神あれば拾う神あり、「嘉平、編集やめるってよ」「ASCII DWANGOスタートアップ!」の2つのエントリに書いたとおり、ドワンゴに移籍して技術書の出版を続けられることになり、最初に私が提案したのがThe Art of Computer Programmingのシリーズをアスキードワンゴから再刊することだ。ありがたいことにドワンゴの人たちは技術者で、この本の価値をわかっている人ばかりなので、すんなりと企画は通った。なにせ、上司の本棚にはThe Art of Computer Programmingの原著が並んでいるのだ!

あれから半年あまり、ようやく最初の1冊めを書店に並べることができた。これも、ドワンゴの人たちと4月から編集部に加わってくれた仲間の力のおかげだ。ありがとう!
11年前の本との違いは、上製本を並製本に変更し、大幅に価格をさげたこと。アスキーではいろいろなしがらみから高くせざるをえなかったのだが、今回は学生さんにも手がだせる価格にしようと頑張って、4,800円に抑えている。

プログラミングに関わるすべての人に、ぜひ手にとってもらいたいので、よろしくお願いいたします!